カミソリ脱毛が向かない部位

Posted by hiro39planning55 - 12月 17th, 2012

お肌を傷つけるためおすすめできないカミソリ脱毛ですが、緊急に脱毛しなくてはいけなくなった時には使用せざるを得ないこともあります。

ですが、そのような時でも絶対にカミソリでは処理しないほうがよい部位があるのです。

それは、ビキニラインです。

この部位の脱毛に関しては、急に必要になるシチュエーションが多いですね。急にデートに誘われた、思い立ってみんなで温泉に行くことになった、子どもにせがまれて今からプールに出かける、などです。

日ごろからこの部位をきれいに保ちいつでもスタンバイOK、というかたはそういないのではないでしょうか。

ですが脱毛にかける時間が10分しかない!などという時にはやはりカミソリに手が伸びてしまいます。

ビキニラインは特に危険

Yゾーンはかろうじてカミソリでもできますが、それ以外の部位は手探りになるため危険がつきまといます。このようなデリケートな部位にはやはりどのような理由があろうともカミソリは使用しないことです。

思わぬ所を傷つけてしまって出血してしまっては、もう出かけるどころではありませんし、けがの説明をすることもばつが悪いものです。

緊急の場合でどうしてもビキニラインでYゾーン以外の脱毛が必要なら、気になるムダ毛だけを厳選して数本毛抜きを使って抜く、という程度にとどめておくのが得策です。毛抜きなら出血を伴う傷がつくということはまずありません。

そして急場をしのいだなら、その後は時間をかけてていねいにケアすることを心がけましょう。

やはり急いで脱毛すると後がザラついてしまったり、カミソリで剃った後が断面となり次に生えて来る時に太く見えたりします。

次の夏までに、今までの脱毛のマイナスのループを断ち切り、思い切ってカミソリ以外の別の方法を試してみることをおすすめします。

今はお肌に負担をかけない方法が、探せばたくさんあるものです。

もうカミソリはドレッサーの奥深くにしまっておくようにしましょう。

 

 

 

カミソリ脱毛 メリットとデメリット

Posted by hiro39planning55 - 12月 5th, 2012

一番手軽で身近な方法として、長い歴史を持つ脱毛方法であるカミソリ脱毛。

メリットはやはり、すぐにできて、その場で効果が実感できることです。

極端な例としては、出先からいきなりプールに行くと言われたけれど何もお手入れができていない!という場合でも、コンビニエンスストアなどでカミソリを調達さえできれば、更衣室でも脱毛することができます(おすすめはしませんが)

これが毛抜きや脱毛クリームなどではこうはいきません。

その場で見た目をきれいにしたい、今すぐに、という場合には、剃るだけというカミソリ脱毛は向いているといえます。

メリットよりもデメリットのほうが大きいのがカミソリ脱毛

カミソリ脱毛のデメリットは、皮膚を傷つけるという点です。

処理が終わったあと、目で見たかぎりでは普段の状態と変わらなくても、カミソリをあてると必ず皮膚も一緒に削り取ってしまいます。安全加工をしてあるワキ用のカミソリであってもこれは同じです。安全というのはケガをしないという意味であって、皮膚を傷つけないという意味ではないのですね。

時には目に見えるくらいの傷ができたり、出血してしまうこともあります。そうなるとそこから雑菌が侵入し、場合によっては膿んだり、治りが悪くいつまでも痛むといったことも起こります。特にワキはでこぼこしており皮膚も薄いため、このようなトラブルが起こりやすい部位といえます。

またカミソリ脱毛は、その時はきれいになるのですが、数日でまた生えてきてしまいます。夏場などワキをお手入れしないといけない回数が増えるシーズンは特に、ひんぱんな脱毛が必要になってきます。そうするとどうしても傷が多くつき、その結果色素も沈着してきてしまうといううれしくないオマケも付いてくることに。

緊急時には頼りになるカミソリですが、できることならやはりカミソリ以外のワキ脱毛の方法を模索したほうがよいようです。

念のために自宅にはカミソリを1本置いておき、日常的な脱毛は別の方法を探すことをおすすめします。