カミソリ脱毛 危険な実例

Posted by hiro39planning55 - 1月 8th, 2013

お肌にやさしいとは決していえないカミソリ脱毛ですが、皮膚を傷つけてしまうだけではなく、それ以上の危険なことになってしまうこともあるのです。

お金があまりない中高生たちがよく行ってしまいがちなカミソリ脱毛ですが、実際にプールの授業の前に慌ててカミソリで脱毛し、少し血がにじんだ状態でプールに入った後、数日して傷が痛むため病院へ行ったところ、ヘルペスに感染してしまっていたという事例もあります。

この生徒さんの話によると、自分以外にも、クラスの女子の半数以上がカミソリで脱毛しているのだとか。

中には脱毛するのを忘れていた子もおり、授業の直前に泡もつけずにじかにカミソリを当てて雑に脱毛していたそうです。

このようなことをしていたら、さまざまな感染症のリスクが大変高まってしまいます。そして実際にこのように多くがいまだにカミソリ脱毛を行っているという実態があるのですね。

カミソリ脱毛はリスクが高い

カミソリ脱毛は一番手軽でお金もかからない方法ですが、このようなリスクを考えるととてもお勧めできる方法ではありません。

できればムダ毛の悩みがそろそろ出てきはじめる中学生になった頃から、カミソリの使用は危険だということを知識として知っておく必要があるといえるでしょう。

この年代は特に、友達がやっているからなどといった安易な理由で同じことをしてしまいがちです。

カミソリ以外の脱毛方法があるということも知らない場合も多いのです。

できるだけ脱毛クリームや脱毛器を使って、お肌を傷つけない方法で脱毛したほうがよいと周りの大人が教えてやるべきですね。

ワキのカミソリ脱毛は特に、凹凸があり皮膚も薄い部分のため、お肌が傷つきやすいものです。やむを得ずカミソリ脱毛する場合は、泡をつけ滑りをよくし、毛の流れに逆らわないように注意をして剃り、きれいに流した後で消毒をし、その後保湿をしっかりとしておきましょう。

カミソリ自体も清潔なものを使用し、誰かとの併用や、古いものを使わないようにし、感染症のリスクをなるべく低くしておくべきでしょう。

 

カミソリ脱毛が向かない部位

Posted by hiro39planning55 - 12月 17th, 2012

お肌を傷つけるためおすすめできないカミソリ脱毛ですが、緊急に脱毛しなくてはいけなくなった時には使用せざるを得ないこともあります。

ですが、そのような時でも絶対にカミソリでは処理しないほうがよい部位があるのです。

それは、ビキニラインです。

この部位の脱毛に関しては、急に必要になるシチュエーションが多いですね。急にデートに誘われた、思い立ってみんなで温泉に行くことになった、子どもにせがまれて今からプールに出かける、などです。

日ごろからこの部位をきれいに保ちいつでもスタンバイOK、というかたはそういないのではないでしょうか。

ですが脱毛にかける時間が10分しかない!などという時にはやはりカミソリに手が伸びてしまいます。

ビキニラインは特に危険

Yゾーンはかろうじてカミソリでもできますが、それ以外の部位は手探りになるため危険がつきまといます。このようなデリケートな部位にはやはりどのような理由があろうともカミソリは使用しないことです。

思わぬ所を傷つけてしまって出血してしまっては、もう出かけるどころではありませんし、けがの説明をすることもばつが悪いものです。

緊急の場合でどうしてもビキニラインでYゾーン以外の脱毛が必要なら、気になるムダ毛だけを厳選して数本毛抜きを使って抜く、という程度にとどめておくのが得策です。毛抜きなら出血を伴う傷がつくということはまずありません。

そして急場をしのいだなら、その後は時間をかけてていねいにケアすることを心がけましょう。

やはり急いで脱毛すると後がザラついてしまったり、カミソリで剃った後が断面となり次に生えて来る時に太く見えたりします。

次の夏までに、今までの脱毛のマイナスのループを断ち切り、思い切ってカミソリ以外の別の方法を試してみることをおすすめします。

今はお肌に負担をかけない方法が、探せばたくさんあるものです。

もうカミソリはドレッサーの奥深くにしまっておくようにしましょう。

 

 

 

カミソリ脱毛 メリットとデメリット

Posted by hiro39planning55 - 12月 5th, 2012

一番手軽で身近な方法として、長い歴史を持つ脱毛方法であるカミソリ脱毛。

メリットはやはり、すぐにできて、その場で効果が実感できることです。

極端な例としては、出先からいきなりプールに行くと言われたけれど何もお手入れができていない!という場合でも、コンビニエンスストアなどでカミソリを調達さえできれば、更衣室でも脱毛することができます(おすすめはしませんが)

これが毛抜きや脱毛クリームなどではこうはいきません。

その場で見た目をきれいにしたい、今すぐに、という場合には、剃るだけというカミソリ脱毛は向いているといえます。

メリットよりもデメリットのほうが大きいのがカミソリ脱毛

カミソリ脱毛のデメリットは、皮膚を傷つけるという点です。

処理が終わったあと、目で見たかぎりでは普段の状態と変わらなくても、カミソリをあてると必ず皮膚も一緒に削り取ってしまいます。安全加工をしてあるワキ用のカミソリであってもこれは同じです。安全というのはケガをしないという意味であって、皮膚を傷つけないという意味ではないのですね。

時には目に見えるくらいの傷ができたり、出血してしまうこともあります。そうなるとそこから雑菌が侵入し、場合によっては膿んだり、治りが悪くいつまでも痛むといったことも起こります。特にワキはでこぼこしており皮膚も薄いため、このようなトラブルが起こりやすい部位といえます。

またカミソリ脱毛は、その時はきれいになるのですが、数日でまた生えてきてしまいます。夏場などワキをお手入れしないといけない回数が増えるシーズンは特に、ひんぱんな脱毛が必要になってきます。そうするとどうしても傷が多くつき、その結果色素も沈着してきてしまうといううれしくないオマケも付いてくることに。

緊急時には頼りになるカミソリですが、できることならやはりカミソリ以外のワキ脱毛の方法を模索したほうがよいようです。

念のために自宅にはカミソリを1本置いておき、日常的な脱毛は別の方法を探すことをおすすめします。

 

 

 

カミソリ脱毛 どうしてダメ?

Posted by hiro39planning55 - 11月 26th, 2012

ご自身の脱毛の変遷を思い返してみると、最初はカミソリだったというかたがとても多いと思われます。

浴室にカミソリがいつもあり、それで家族がヒゲやムダ毛を処理していたということもあるでしょう。

現在では、カミソリ脱毛はやめておいたほうがよい脱毛法の1位になっています。

どうしてこうなってしまったのでしょうか。

ワキの下はデリケート

まず大きな理由は、カミソリを使った脱毛は、皮膚を必ず傷つけてしまうからです。

近頃はお肌に優しいガード付きのカミソリも売られていますが、そのような製品を使ったとしても、皮膚には目に見えないような細かい傷がついてしまいます。

仕上がりは一見ツルツルで傷なんてなくても、毛と一緒にお肌の組織も削り取っているんですね。

傷がついたお肌は、雑菌に対する抵抗力が弱くなりますし、出血した場合はそこから感染する危険もあります。

カミソリの使いまわしや、同じカミソリを長く使っているなどの使い方は、この感染のリスクを高めてしまうのです。

実際どのかたも、ワキや腕、すねなどのムダ毛の処理をする中で傷がついたり、毛穴にバイキンが入りニキビのように赤く腫れた経験を持っているものです。

ワキの下は皮膚も薄く、リンパ腺も近くを通っており、たいへんデリケートな場所ですから、なるべく感染などのリスクは避けておくべき場所なのです。

 

そしてもうひとつ、カミソリで剃った毛は、すぐにまた生えてくるという理由があげられます。

すぐに生えてくるということは、またすぐに剃らなければならないということです。

夏場など露出の多くなる季節に、ワキのムダ毛処理をカミソリで行うとなると、3日に1度くらいのペースで剃らなくてはならなくなります。

これではお肌をとても傷めてしまいますし、それが度重なってくると色素が沈着しだして黒ずんできます。

ムダ毛はきれいになっても、黒ずんだワキの下なんてイヤですよね。

結論として、カミソリによる脱毛はもうやめましょう。

手軽さではナンバー1ですが、他の方法を模索することを強くおすすめします。

 

ワキ脱毛 どうしてますか

Posted by hiro39planning55 - 11月 20th, 2012

ワキの脱毛は、女性なら避けて通れない作業です。

みなさんはどのようにワキの脱毛をしていますか?

レーザーなどで脱毛されているかた、家庭で脱毛器を使って脱毛されているかた、毛抜きで抜くかた、カミソリで剃るかたなど、さまざまでしょう。

手軽にできる点でいうと毛抜きとカミソリですが、両方ともお肌に負担がかかる方法です。

カミソリはお肌の表面を傷つけてしまいますし、小さな傷からバイキンが入り化膿してしまうこともあります。また剃ってもすぐに生えてきてしまいますね。効果はその時だけになります。

また毛抜き脱毛も抜いたあとが出血したり、バイキンが入ったり、次に生えてくる毛が太くなってきたりといった弊害があります。

ですが多くのかたが夏場などに海やプールに行く際、これらの方法で処理をしているのが現状なのです。

お肌に負担をかけない方法でいうと、レーザー脱毛と脱毛器による脱毛がおすすめです。

これらの方法は、お肌を全く傷つけることなく、毛だけを取り除くことができます。レーザーや光で毛根のメラニン色素に衝撃と熱を与え壊していきます。数回繰り返していくうちに生えにくくなっていき、永久脱毛が実現することも多いものです。ですが費用も手間もかかる方法です。

いつまでお手軽脱毛を続けますか?

安価で手間のかからない方法を選ぶとお肌に負担がかかり、お肌に優しい方法を選ぶと手間と費用がかかるという図式なのですね。

夏につるつるのお肌になっていたいと思うと、サロンでの脱毛や脱毛器の場合は、それから逆算して1シーズンも2シーズンも逆算して余裕を持って始めなくてはいけません。

今、すぐ、この場できれいにしたい時にはサロン脱毛ではなくカミソリや毛抜きになってしまうのもわかる気がしますね。

いずれの時点かで決心して手軽脱毛から本格脱毛へシフトチェンジしないと、いつまでもお肌に負担のかかる脱毛方法から脱出することはできないのです。

ひと昔前に比べるとワキ脱毛の価格も低下してきており、迷っていたかたにはチャンス到来といえるでしょう。