ミラン新監督 10番との心中

Posted by hiro39planning55 - 1月 22nd, 2014

ついに本田圭祐選手をテレビ中継されるリーグで見れるって事で本田選手関連のニュースはたとえ批判的な内容であっても嬉しいことです。
私自身の考えはもう揺るがないものになっていてほとんどの試合でスターティングメンバーなのは当たり前で、後は数字を残すか組み立てに貢献するか、もしくは相手守備陣を崩す中心になるのかです。だから批判的なニュースも全くきになりません。

そんな私がミランの監督が代わってからこういうニュースを見るのはうれしいですね。
アッレグリ監督の最後の試合を見ましたが、批判されても仕方ないくらい弱く見えたんです。今でも有名選手ばかり揃えているのに守備が甘いんです。
攻撃されるとディフェンスラインは引きすぎてるし、ボランチの三枚は全然プレッシャーにいかないんですね。もう全盛期の優勝していた時のミランの見る影もなかったです。

そんな中セードルフ監督に代わって1試合目でチームは劇的に変わったように見えました。さすが本田選手というべきか前節は圧倒的にボールを支配して相手を引かせていてカウンターもあまり食らうことは無かったんです。
ひいき目もあるでしょうけど、その中心には本田選手がいました。
これからも関連ニュースはどんな記事でも多くなっていくでしょうね。

Leave a Reply

Blog Home